HOME > リフォーム・工事

リフォーム・工事

夏の暑さや冬の暑さ、騒音、臭いとはもうサヨナラ

リフォームで ★省エネECO★ 住宅を実現する 簡単で低コストで省エネECO生活の出来る方法

これからお家を新築される方、もう建ててしまわれた方へ。

簡単で低コストで省エネECO生活の出来る方法があります。
お家の中が暑い・寒いを感じるのは、お家自身に外部の温度をため込んでしまう為です。
お家の表面の温度を上げない(下げない)工夫は、昔から考えられていましたが、現在の家造りでは、おざなりにされていた部分です。省エネ塗装ガイナは、断熱性の高い特殊セラミックを塗装化したものです。

遮熱断熱塗料 GAINA(ガイナ) 屋根壁水色工房 

このページのTOPに戻る

リフォームもEcoLifeコスト

EcoLifeコストリフォームは、「節約」がテーマ。

リフォームもEcoLifeコストを実現しましょう♪
リフォームの費用はもちろん、リフォーム後もEcoLifeコストに暮らせる安心生活。もちろん、環境と安全・安心を考えたリフォーム提案です。
 

屋根・外壁のリフォーム 雨漏りは実は外壁からも多い?!

「雨漏れは屋根から」と考えがちですが、実は外壁からも多いのです。
ちまたで流行の外壁リフォーム、ペンキ屋さんが色を塗ってきれいにするイメージがありませんか?
外壁のリフォームには、防水リフォームと塗装リフォームの2種類があります。
防水リフォームは、家の外側をアクリルゴム塗膜で覆ってしまう発想で、雨漏れを防ぎます。
今までは、発電所等の重要施設にされていたリフォーム方法で、建物の劣化を防ぎ家の安全とリフォーム期間のスパンが長くなる本当の節約術になります。
屋根の防水にも使われている方法なので、今までの屋根材や防水層をめくらずに施工できるリフォーム方法なので廃棄物を減らしてEcoLifeコスト出来ます。

「雨漏れは屋根から」と考えがちですが、実は外壁からも多いのです。 ちまたで流行の外壁リフォーム、ペンキ屋さんが色を塗ってきれいにするイメージがありませんか? 外壁のリフォームには、防水リフォームと塗装リフォームの2種類があります。 防水リフォームは、家の外側をアクリルゴム塗膜で覆ってしまう発想で、雨漏れを防ぎます。 今までは、発電所等の重要施設にされていたリフォーム方法で、建物の劣化を防ぎ家の安全とリフォーム期間のスパンが長くなる本当の節約術になります。 屋根の防水にも使われている方法なので、今までの屋根材や防水層をめくらずに施工できるリフォーム方法なので廃棄物を減らしてEcoLifeコスト出来ます。

外壁材と外壁材を隙間のシーリングが切れて雨漏れの原因になる場合があります。シーリング処理をしてその上から防水材を塗ります。
外壁内に漏水して変色してしまった住宅に対して防水塗装工事をした例です。仕上がりは一般の塗装工事と変わりません。
せっかくの忙しい奥様の為のキッチンのリフォーム普段のお掃除や片付けも時間が節約できなくてはいけません。お手入れ楽々な換気フードに食洗器とマーブルシンク。

このページのTOPに戻る

あなたはダブル発電派?それとも太陽光発電派か?

せっかくの水廻りのリフォーム工事なら EcoLifeコストと安心・安全を考えませんか?

リフォームをお考えで一番多いのが、水廻りのリフォームと太陽光発電。
広い調理スペース、すてきなシステムキッチン、エコキュート、太陽光発電システムの設置で省エネを考えたプランも充実してきました。
さらにこれからは、エネファームの設置によってダブル発電での省エネリフォームも話題です。

ところで、リフォーム工事で太陽光発電を設置すると従来の新築にかけられる瑕疵担保責任保険が利用できなくなる場合があることをご存知ですか?
リフォーム工事をお考えの方は、信頼できるリフォーム瑕疵保険を利用できる住宅会社さんをお勧めします。

このページのTOPに戻る

リフォーム工事のポイント

  • なぜ、このリフォーム工事が必要か考えましょう。
  • 次の事も考えたリフォーム工事をしましょう。
  • リフォーム工事には、追加工事が出る場合があります、
    必ず予算と工事内容を把握しましょう。
  • 御近所の御挨拶をしましょう。
 

このページのTOPに戻る

リフォーム瑕疵保険

御存知ですか?リフォーム工事にも瑕疵保険が出来た事を!

この保険は、リフォーム工事を請負い施工したリフォーム工事業者が、リフォーム工事を実施した部分の瑕疵により、リフォーム工事の発注者に対して発行・交付した保証所定の標準保証書に基づき負担する民法上の瑕疵担保責任を確実に履行する為に、リフォーム工事業者が加入する保険です。

万が一、リフォーム工事業者の倒産等により、瑕疵の補修等が行われない場合には、リフォーム工事の発注者に直接保険金が支払われます。

このページのTOPに戻る

なぜ?今、リフォーム瑕疵保険が必要なのか?

悪徳リフォーム業者への規制の為にも瑕疵保険が必要なのです!

近年、悪徳リフォーム業者の問題が大きくなって被害者も増える一方です。消費者が安心してリフォーム工事を任せれる業者選びの基準が必要です。
そこで、リフォーム工事瑕疵保険が誕生しました。
リフォーム工事瑕疵保険を利用した場合、リフォーム工事中に第三者機関による工事検査が行われ適正な工事が施工されているか?検査に合格しなくてはいけません。
また、リフォーム工事瑕疵保険は全てのリフォーム業を営む施工業者が利用出来るわけではありません。
過去のリフォーム工事実績に基づく厳しい審査に合格した施工業者のみが、このリフォーム瑕疵保険を利用出来る事になります。リフォーム工事瑕疵保険は、リフォーム工事を安心して任せられる施工業者の基準になるわけです。
 
  • RSS配信
  • RSSヘルプ