幸せBLOG

2017年10月29日 日曜日

家造りのお値段の話題 健康省エネ住宅は岐阜の幸せ家造り工房へ

家造りのお値段の話題

10月最後の日曜日も雨一色お天気です。
心配していた2週続けての台風は、岐阜地方へは直撃コースを免れるようで一安心ですが、油断は禁物です。
雨の日曜日も幸せ家造り工房は、家造りをされるお客様御家族と一緒の家造りのお話の一日です。


家造り

家造りをされる際に、避けて通りないのが家造りに掛かるお値段の話題です。
家造りに掛かるお値段の判断で、よく判断基準となるのが坪単価のお話。
今日は、坪単価のうんちく情報のお話。

一般的なローコスト住宅の住宅価格の計算方法を知っていますか?

この頃は、ハウスメーカーだけではなく工務店でもこの住宅価格の表示方法をする処が増えて憂慮していますが、住宅価格は本体価格(表示価格)+付帯工事価格に別れているのは御存じですね。

本体価格は坪当りの価格で、この坪計算の方法も延べ床面積(登記上の本当の家の大きさ)ではなく、施工面積でバルコニー・玄関ポーチ等が算入されて一割以上?大きくなってしまうのが一般的。

更に、某FCの講習の実際の体験で坪単価には割増価格があって、建物形状の出隅・入隅が増える事に一か所いくら、間仕切り壁の総長が増える(同じ面積内で部屋数を増やす)とメートル当たりいくらと追加金額が発生される事は、あまり知られていません。
坪単価で家造りのお値段を判断する場合は、その基準となる住宅の大きさがどこからどこまで入っているかの確認も必要です。




カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  • RSS配信
  • RSSヘルプ